Toggle

NLPとは

Ⅰ.変化の原理

p1_nlp_1

figure001
 左にある図を見てください。 図の左下に色についた「-」があります。
このように、この図の中には、カタカナが3つ隠れています。
どこに何があると思いますか?

 この図の中には、「ソ」と「リ」と「ス」が隠されています。見つかりましたか?(図にカーソルを当てるとわかりやすいですよ)
  では、もう一度この図から目を離して、部屋の他の所を見てください。そして、リラックスしたら、また、この絵を見てください。 もしかしたら、先ほどの字が目に飛び込んできて、初めに見たようには見えなくなってしまってはいませんか?もう、初めのように「ありのままに」見ることには努力が必要となります。
「地図は、土地ではない。」

 私たちは、これまで生きる過程で、さまざまなものを体験し、蓄積してきました。そして、小さいころから教え込まれたこと、体験からの学びなど様々なものが、私たちの世の中との見方、考え方や感じ方を決めてしまいます。これは、新しい海外の土地に行くとガイドブックを頼りに旅行するように、ある意味では、皆さん一人ひとりが、この世界に対して、どんな生き方をすればよいのか、という地図を創っているようなものなのです。この地図こそが私たちの人生に制約をうむこともあれば、可能性を広げていくものにもなっていくのです。
1)自分に対して・・・
 私たちは、小さい頃身につけた物の見方、つまり地図を手にしたまま更新しないことがあります。小さい頃は身を守ることに適していた地図が、成長して環境が変化した今、気づかないところで逆に障害になっていることがありませんか。
  私たちは、知らないうちに地図を創っているので、それに気づかなければ、どう変化していけばいいのか、わからないのです。

  どうやったら、今の環境やこれから過す未来に対して、適切な地図を作ることができるのだろうか?

  これが、あなたの生き方につながります。そして、そのカギとなるのは、あなたの深い部分にある、今までの経験を財産に変える力です。その力をつけるのがこのコース。人には、まだ気づいていない能力や可能性、それを選択できる力があります。必要なことは、あなたの中に選択肢の幅を広げ、選択基準を明確にすることです。NLPは、そのメカニズムを提供します。
2)大切な人との関係について・・・
 同じ人生を歩む人はいません。そのため、この世界を生きるための地図は、人それぞれが異なります。コミュニケーションは、そのことを前提として、お互いの世界観を共有することです。お互いの世界観を共有するプロセスでは、新しい視点が得られ、創造的になることもあれば、お互いの利害が衝突し、本意を誤解するようなことも起こります。人生のトラブルの多くが人間関係といわれるように、他の人との関係性を豊かにすることは自らの人生を豊かにしていくことにつながります。
 
  NLPでは、人と豊かな関係を築くために、さらに、相手の意欲を引き出すために、どのように相手のコトバやココロを理解していくのかが、理論的にも体験的も納得ができます。 特に、コーチングを勉強された方が、さらに自らの力を向上させていくには、NLPは相乗効果が非常に高いのです。

●地図は、私たちの生活にどんなふうに機能しているのか?

figure001 もう一度、この図を見て下さい。私たちがこの図から文字を読み取ったプロセスはどんなものだったでしょうか?

 図を見て、自分のこれまでの記憶や体験に照らし合わせて、何を意味しているのかを理解する 

……というプロセスを踏んでいたはずです。
 これは、この図に限らず、私たちが人生の様々な場面を体験することに共通しているプロセス(過程)です。これを単純化すると次のようになります。

p1_nlp_floor

figure001  私たちは、このプロセスを気づかないうちに自動的にやっています。例えば、今あなたがみているパソコンも、どうしてそのように認識できるかといえば、このプロセスを通っているからです。 初めてパソコンを使った時のことを思い出せば、あなたは、今、あまり考えることなくこのパソコンを利用しているでしょう。
  そして、実は、物ごとがうまくいかないときも同じプロセスを通ります。最近、あなたが感じている葛藤はどうでしょう。「~したいけど、…できない(しすぎてしまう)」という表現にあたるものを一つ挙げてみてください。例えば、ダイエットしたいけれど、おやつを食べ過ぎてしまう等。もしかすると、あなたの中では、どうして私はできないんだろう、と自分を責めてしまうことはありませんか? このプロセス(過程)にも、深い心の中で先ほどと同じプロセスが働いているのです。これまで私たちは、そのことに気づかなかっただけなのです。

  では、私たちは、もし結果を変えたければどうすればいいのか?
  「できない」ことが「できる」ようにするためには、どうすればいいのか?
  一つの原則は、結果を変えたければ、それを作っているプロセスに変化を加えればいいのです。
  つまり、「五感で記憶した体験」か「言葉」か、それをつないでいる「プログラム」です。 NLPとは、Neuro Linguistic Programmingといいます。 これは、Neuroは、「神経」という意味ですが、ここでいえば「五感で記憶した体験」を示しています。Linguisticは「言語」という意味ですが、ここでは「言葉」を示しています。 そして、Programmingは、「つなぐ」という意味ですが、ここでは、「プロセス」や「パターン」を示しています。

  つまり、NLPは、「五感で記憶した体験」と「言葉」を使って、あなたの世の中の見方、考え方、感じ方である「地図」を変化させていく技術です。これが「変化の原理」という由縁です。 あなたの「地図」が変化すれば、あなた自身の行動や結果だけでなく、あなた自身の自己イメージも変化します。そのためにも、もう一段あなた自身が大きくなり、著しく自分の可能性を発揮していくためには、必要な方法論なのです。

■NLP Fieldの提供するNLPの全体図
p1_nlp_all
0.NLPとは
Ⅰ.変化の原理
Ⅱ.周りへの貢献/望む未来
Ⅲ.自分という土台
Ⅳ.NLPの基本前提

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top