Toggle

hiroのブログ

「どこへ向かう?」、その「お前は誰だ?」

あなたは誰ですか?

この問いに答えると「自己認識」が生まれます。
「自己認識」という表現はとても面白いですね。

自己を認識する、ということは
「自己」を認識する主体がいて、
認識される対象としての「自己」がある前提です。
つまり、主体と対象という関係性があります。

しかし、「あなたは誰ですか?」という問いに
主体か対象か、どちらを答えるかというと
多くの方は認識した対象を答えるのではないでしょうか。

そして、その多くは、
社会に証明できるものや受け入れられるものを。

 

どこへ向かう?

先日、NLPフィールドの
NLPプラクティショナーコースを開催しました。

テーマは、
・「どこへ向かう?」の質問を具体化するアウトカム
・「お前は誰だ?」から探求する自己認識
です。

この2つを問うことで、
・社会で結果をだすことと、
・内面での意識の成長や発達を促進していくことによる
 自己認識を「再構築」していくこと
を目指します。

ちなみに、アウトカムとは、
未来の特定の時点での望ましい状態や結果のことです。

私たちがどこに注意を向け、
人生の選択基準をつくり行動していくかを
具体的に指し示す脳内のフレーム(地図)や前提です。

NLPフィールドでは
恒例になっていますが、
アウトカムをいくつも出してもらっています。

 

「なぜ、いくつも出すのか?」

 

何度かこのアウトカムを設定するワークをやっていると
物質的なものや人間関係というものが多く出てきます。
そのときに、
次の2つのことが目に入ることが多かったのです。

 

「~しなければいけない」ことを「~したい」にしている。

例えば、
「春までにダイエットしたい」と言葉で表現しているのですが、
非言語からは、
「それが本当にしたい!」というエネルギーが伝わってきません。

そのため、
「ダイエットしなければいけない」と言い換えてもらうと
案外、そっちの方が本人もしっくりくることがあります。

こうした「必要性」や
過去の延長線上で少し気合を入れたらすぐにできることを、
アウトカムとして出すのが見受けられました。

 

”Well-having”系のアウトカムしかでてこない。

例えば、
「別荘が欲しい」「車が欲しい」
「おいしいものを食べたい」というような、
それを持つことで社会的な承認が得られるようなものです。

「~しなければいけないこと」や
”Well-having”が悪いということではありません。

始めはこうしたことをどんどん書いていくと、
だんだんと深まっていき、個人だけの満足や
Happy以上のWell-beingという
「持続的な幸せ」に寄った内容が出てくるようになります。

 

誰がそのアウトカムに向けて歩き出すのか?

公表していいものだけを折り紙で提出してもらい
貼り出しています。

人のアウトカムを見ることで、
逆に考えすぎて、自分のアウトカムに気づく時間がかかる人には
こんなことを書いてもいいんだ、とか
新たな視点が得られたり、インスピレーションが湧いたり、
さらには、このアウトカムなら、私も手伝えるよ、という
コラボレーションが生まれてきたりもします。

 

そして、ここでの問いは(皆さんには言いませんが)

「誰がそのアウトカムを出しているのか?」

アウトカムを書いているとき
その認識対象が背景に存在しています。

アウトカムに歩み出すプロセスとは
その認識対象が「現実世界」との交流で育っていきます。

 

 

今回は、とても素晴らしいアレンジメントがありました。

リソースパーソン(経験者)が自主的に
リソースを寄せ合い、
大きな紙に大きな幹を描きました。

今の季節に見られる
葉を全て削ぎ落とし、
力をためている強さや安定感が表現されていました。

これがコンテクストとなり場を支えています。

 

そこに受講生が書いてきた
個性のあるコンテンツの花が咲き乱れていきます。

相互に影響しあって
大きな姿(チャンク)が立ち上がっていきました。

 

まさに、この作品を通して
このチームの生み出しているフィールドが
見事に象徴されているようでした。

そして、こうしたフィールドは無意識的に
アイデンティティの育つ空間と時間を提供します。

(次回は、この2日に行ったワークショップの一部をご紹介します。)

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

コーチ/トレーナー

Profile image
あなたに自分を大切にする力、自分を受容する力を
まずNLPで身につけてほしいと願っています。
思考や感情のマネジメントができれば、逆境でも
自分が作りたい未来をデザインする際にも永久的に
役立てられる財産になります。
その上で、自分の命を意義あるものにするためにも
自分が住みたい世界を創り出せる力やさまざまな
人の価値観やニーズを尊重できる力をNLPを通して
育んでください。
あなたにはそれだけの価値があり、あなたの独自性で
組織や社会に貢献できるものが必ずあるからです。
See more info
Profile image
私は、あなたがご自身の可能性と繋がり、あなたがあなたのまま“自由に生きる”ためのNLPトレーニングと、あなたが、意識的、無意識的に気づいている“本当に手に入れたいもの”を明確にし、実現するコーチングを提供しています。
See more info
Return Top