Toggle

hiroのブログ

【明日開催 高知にて】メタプログラム2days講座

こんばんは。

NLPフィールドの酒井です。

今日は暦では大寒。一年で一番寒い日です。

いよいよ明日からは、春に向かいじっくりと動き出して行くことになります。

羽田空港ももしかしたら雪が、、、という感じでしたが、無事に飛行機で高知に到着できました。

(高知龍馬空港)

 

明日から高知でメタプログラム2days講座を開催します。

 

私たちは生命を持続させるために、環境と自分を調和させたり、エネルギーを配分するために関わりや姿勢を人生で作り出します。(NLPでいうパート)

社会の環境や文化、人間関係など細かな状況での(プログラムのように)刺激と反応行動のセットを微妙な変化を組み込みながら自分に取り込んでいきます。

 

こうして、(心や身体の)くせ、習慣などがいつしか形成されます。それが強みになったり、(いわゆる)自分らしさとして感じることもあります。

困ることは、それが潜在的に固定化してしまうので、成長して違う環境なのにこれまでのパターンを適用したり、違うパターンの人を「あの人はおかしい」と排除してしまうことです。

 

具体的には、仕事や家庭で驚くような出来事が起こったとき、あなたはどうするでしょうか?
(予定していた飛行機が飛ばなかった場合とか)

周りの人たちがどう行動するのか、これからどんな出来事があるのかなど目の前で起こっている情報をとにかく集めて、自分の行動の軸を作りますか?

それとも、これまでの経験に照らし合わせたり、他にどんな可能性が取れるかを思い巡らしていきますか?

それとも、他の選択肢がありますか?

 

私たちは無意識に、真っ先に何を情報として取り込んだり、判断の軸にしたり、動機形成の元になったり、行動へと移行する鍵にしたりしていきます。

これを「メタプログラム」と呼んでいます。

 

メタプログラムは、自分にとっては馴染みやすく空気のようなものです。

普段何かするときに右利きや左利きを常に意識せずとも使えるように、私たちの人生の選択に働きかけてきます。

 

そのため、人は他のやり方を知らないため「自分のやり方、あり方」が「正しい」と錯覚して、それとは違う感性や考え、行動する人を「おかしい」と判断してしまうことさえあります。

しかし、事実は自分とは異なる志向の人はいるのです。

もし、この異なる志向を自分のものとできたらいかがでしょうか?

 

その人のことがきっと理解できるでしょう。

また、自分はこれまでとは異なる情報が入ってくるので、選択肢の幅が広がるでしょう。
これまでのものの見方と融合すれば、より高い視点や考え、感じ方ができるようになるかもしれません。

 

つまり、メタプログラムを学び意識化できるようになることで、より人に共感できるようになったり、自分自身の意識を統合できたり、高めることができることができるのです。

 

結果として、より変化する環境に調和することができるようになるので状況対応はもちろんのこと、より本質的な統合された自分から環境や他者に対して主体的に働きかけられるようにもなっていきます。

 

メタプログラムは、広告、営業や自己PRなどに活用する方法論として学ぶことが多いのですが、より原理を深めて行くと自分自身の意識を高め、選択性を広げ、これまでの人生で活用してこなかったあなたの天才性を目覚めさせるようになるのです。

2日間、これを実践的に日常で活用できるようにしていきます。

私も楽しみです!

 

追伸:高知でこの講座をサポートしてくれる私も尊敬するNLPトレーナー、泉野さんとスタッフの赤松さん、敏江さん、ちえちゃんです。

この講座は、泉野さんが受講生さんや東京には行けないけども高知の方々のために、よりメタプログラムの理解し、実践できるようにしてほしいという想いで開催されることになりました。泉野さんが受講生さんの成長を願う気持ちがとても伝わってきます。

 

また、準備についてお話を伺いましたが、明日来られるお客様にとても細やかな配慮とおもてなしをしてくれます。私も安心して講座に集中できます。本当にありがとうね〜

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top