Toggle

hiroのブログ

【旅行記】高野山のふもとから細胞から生き返らせよう!

IMG_1824

おはようございます。

株式会社NLPフィールドの酒井です。

 

土日の名古屋でマスタープラクティショナーコース終了後、高野山のふもとの宿泊施設で身体と心を休めて、3月に向けての準備をしています。

 

今年の年末年始にデトックス・ファスティングを10日間ほど行いました。

私にとってはカラダと純粋な意識とつながるプロセスで、その中でも太陽と水の重要性を思いっきり体験できました。

 

私たちのカラダのほとんどは水分(70%ほどと言われています。)であり、水はもちろんのこと食事などいろいろなところで水分を取り込み循環させています。その水の質の高さが細胞を新鮮にさせ、意識を高めてくれます。

今回の宿泊先は、その「水」では「ミネラルウォーター完全ガイド」で5つ星の評価をもらっていて細胞の中まで浸透しやすい構造になっています。

このお宿ではお風呂(温泉)や食事など全てにその水が使われています。

もちろん、出てくる野菜は無農薬。カラダが喜んでいるのがわかります。

 

また、太陽の光も重要です。

フランス式「うつ」「ストレス」撃退法という素晴らしい本があります。

http://goo.gl/lah4v9

 

ここに光のエネルギーが生物学的な時計を調整する働きがあることが書かれています。

脳には「視床下部」という場所があり、カラダのホルモン分泌のほとんどに影響を与えています。

食欲、性欲、睡眠や月経周期、体温の調節、脂肪の代謝など、とりわけ気分や活動エネルギーに影響を与えます。

 

ある研究によると、本能に影響を与えるのは季節や日中の温度変化よりも「」の量であることが明らかになってもいるようです。

慢性的な疲労感やぼんやりした感じ、生活の不規則なリズムがある方には朝30分ほど日光浴すると癒しの効果があるようです。

 

自分に優しくするために旅にでる。

そして、いつもと違う時間の中で生活リズムを整えて自分が本当に進む道を俯瞰してみる。

次の鋭気を養うためにもあなたも生活に取り入れてみませんか?

 

いつもと違う人生はまず名古屋から

http://www.reservestock.jp/events/105965

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top