Toggle

hiroのブログ

【ブログ】幸せの土台を今から作り始めよう!

IMG_0174

おはようございます!

NLPフィールドの酒井です。

 

昨日はマクロビ教室の後、まさきさんと一緒に今年の展望を共有していました。

一緒に活動する仲間との時間。志を共有できる時間というのはとても清々しいものです。

お互いまだまだ成長の余白がたくさんあるので、協力し高め合っていきたいものです。

 

さて、今日は幸せの土台についてのお話。

 

心理的孤」という言葉をご存知ですか?

これはたくさんの人が周りにいても、孤独を感じてしまう現象です。

 

わかって欲しいのに、わかってもらえない。

本当の自分を出すと嫌われてしまう。能力がないのがバレてしまう。自分が自分のことが好きでないのに、人が好きになってくれるわけがない。これ以上、自分は責任が取れない」などなど

 

とくに自分の弱みを見せれない、評価して欲しいところだけ見て欲しい、と仮面をつけていたり、自己防衛したり、自分の本質や本音のコミュニケーションや関係が作れないときに起こる現象です。

 

 

では、人とのつながりがたくさんあったり、パートナーができればいいかというとそうでもないんです。

上記のことに重ねて、やはり「関係性の質」がどれくらい高いかということもあるからです。

 

これをわかりやすく伝えてくれているTEDの映像があります。

ロバート・ウォールディンガー 「人生を幸せにするのは何?」(日本語訳付き)

 

お互い貶したり、粗探ししたり、無関心で居ながら一緒にいるというのは、むしろ孤独よりも良くないのかもしれません。

地球環境もクリーンなエネルギーが循環していくと豊かになっていくように、私たちの関係の中でどんなエネルギーの質が流れているから重要になります。

それに言葉をつけると「思いやり」だったり、「勇気づけ」だったり、「支え合い」だったり、「創発」だったり。

 

そして、また「関係性」は、お互いの深いレベルでのアイデンティティを形成します。この人に対してはありのままの自分でいて良いのか、それとも良い子や評価される自分でいないといけないのか、など私たちは自分と相手の力関係(損得関係や安全性、居場所の含めて)などを推し量り、自分の立ち位置や姿勢を決めていくからです。

 

今年、私たちが取り組む一つの新しい試みに、NLPのイノベーション(刷新された技術)として「ソーシャル・パノラマ・プラクティショナー認定コース」を開催する予定にしています。

 

詳しくはこちら

http://nlpfield.jp/socialpanorama160220/

 

まさに、あなたが自動的に人の構えや姿勢を作ってしまっていて関係性の質が高められないのであれば、幸せの土台がまだ築けていないことになります。

あなたが長く時間を過ごす人たちと良質な人間関係にしていくためにはまず、あなたの認知、そしてあなたの行動から変化を作っていくことが大切です。

なぜなら、関係の質は相互作用で作られているため、一方が変化したら必ず相手も影響を受けるからです。そこで大事なことは、あなたの人間関係の構えや姿勢(これを「前提」と呼びます)の認知パターンから変えていくことです。

 

私たちの認知ばターン、特に感覚レベルから変化を作るのがソーシャル・パノラマの技術です。

 

ルーカス・ダークス博士の紹介映像(3分程度)

 

 

2016年前半は

2月20日(土)、21日(日) 広島開催

4月23日(土)、24日(日) 名古屋開催(予定)

8月24日(水)、25日(日) 東京開催(予定)

です。今は、広島が残2席となっています。

他の日程はこれから募集しますので少々お待ちくださいね。

 

 

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top