Toggle

NLPの前提

どんな行動の背景にも「肯定的な意図」がある

39336512_sよい行ないはもちろんのこと、あまり良くなかったり悪いと思える行動も、行動を起こした動機などを探求していると、その人がその状況で本当に大切にしたかったことが必ずある、という考え方です。

これは、

1)行動(「何もしない」という行動も含む)に限らず、
2)考え方(「ネガティブな考え方」も含めて)や
3)感情(「怒り」などの自分にとっては好ましくない感情も含めて)

にも当てはまります。

 

私たちは、結果や行動など目に見えやすいもので出来事、他者や自分を良い、悪いと「評価」「判断」しています。
しかし、その結果や行動を起こした背後には、その人さえも気づいていないことを何か手に入れるためにしているのです。

 

■具体的な例を示していきましょう。

少し極端な例がわかりやすいでしょう。例えば、、

暴走族になって、社会に迷惑をかけている青年がいたとします。
彼の行動は、社会的には問題行動です。

しかし、さらに深く彼の心を見てみると、どんなことが理解できるでしょうか?

 

もしかすると、彼にとってみれば、暴走族で自己顕示欲を満たしているかもしれませんし、暴走族は仲間と一体感を得られるところなのかもしれません。

家族の中では得られなかったものが、暴走族の中で得られている可能性があるのです。

 

このように、どんな行動の背景にも、深いところでは人生をよりよく生きたい、自分の中で満たされる何かを手に入れたい、という肯定的な意図(目的)があるものです。

 

■ここでいう「肯定的」とは、、、

 

肯定的意図というのは、英語では”positive intention”と呼びます。

ここでいう”positive”には、文字通り、否定的の反対の「肯定的」や「前向き」という意味があります。

そして、もう一つ意味があるのが「ありのまま」ということです。

 

 

■「意図」とは、、、

 

意図もあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、「目的」という言葉や「ニーズ」「その人が必要としていること」などが適切かもしれません。

先ほどの例でいけば、「自己顕示欲」や「一体感」などです。

「自己顕示欲」もさらに深めていくと「承認」を求めている可能性も高いので、一見「意図」として表現できても、さらにその奥に深い「意図」が隠されていることがあります。

 

この気づいていない「意図」に人は突き動かされて「感情」「思考」「行動」を起こしています。

 

 

■葛藤や混乱という自分自身の中でも「肯定的な意図」があります。

 

例えば、
ダイエットしたいけどできない、というとき、できないことが続くと無力感になったり、罪悪感を持ったり、できない自分に怒りを感じることがあります。

 

しかし、この前提を理解すると新しい見方ができるようになります。

つまり、「ダイエットできない」という深い想いの中には、「ダイエットをしない」ことでを気づかないところで選択しているのです。選択しているということは、その背後に得られる肯定的な意図があるという見方です。

 

この場合、具体的にこのようにアプローチしていきます。

 

 「ダイエットできない、ということを、もし自分が選択しているとしたら、そこから得られるものは何だろう・・・」

 「そうだな・・・我慢しなくて済むことかな・・・」

 「それでは、さらにそこから得られているものは何だろう?」

 「そうだね・・・自分を大切にするということかな・・・」

 

と進めていくと、ダイエットしたくない肯定的な意図が、自己充足感を手に入れることだとわかります。

 

 

■この「前提」を理解して自分のものとできたときのメリットは何でしょう?

その人の「存在」と「肯定的意図」と「行動やふるまい」を区別することが可能となります。

そのため、人に対しては表面的なことに囚われずに相手の深い想いと交流することが可能となり、「共感力」が上がります。

自分に対しては、自分の嫌な側面を許したり、認めたりできるために自己受容や自己肯定、自己信頼に繋がっていきます。

 

例えば、ある学校の先生は、自分のことをいじめる生徒に手を焼いていました。

しかし、あるときこの前提を知ってから、
「先生なんて大嫌い!」と相変わらず言っていた生徒に対して、「先生は、君のこと好きだよ」と伝えたそうです。

そうすると、その生徒は、恥ずかしくなって逃げていったそうですが、それ以来、あまり手を焼くことがなくなったそうです。

 

どうしても、人は言葉や行動に囚われてしまって、その奥にある想いを見失ってしまいます。

その奥にある肯定的な意図で交流できたときに、人との関わりが変化することは先ほどの事例以外にもたくさんあるのです。

 

 

■人は、どんな手段でも肯定的意図を満たそうと行動します

深い無意識の中に潜んでいる肯定的な意図に気づき、それを満たすような方法で「感情」「思考」「行動」を連携させていくと今までにないクリエイティブな視点を創り出すことができるようになります。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top