Toggle

hiroのブログ

【ブログ】コーチングにNLPを役立てるために・・・

15069キューブ写真こんにちは。

NLPフィールドの酒井です。

コーチングにNLPを取り入れて、プロのコーチとしてクライアントの信頼を高めたり職場のリーダーシップを発揮するのに役立てている方も増えてきました。

また、最近はやりの「ポジティブ心理学」の本を読んでいると、かなり有名な教授の方もポジティブ心理学の実践にNLPを推奨している箇所などもあります。

 

卓越した結果を出せる具体的な方法として実践できるNLPは頭で理解するよりは、やはり体験することがものを言います。

 

先週、土日は9キューブを使ったコーチングワークショップを福岡で開催してきました。

9キューブとは、私の著書「30代からのつらい状況とサヨナラする技術」で書くことができなかった部分です。

30代からのつらい状況とサヨナラする技術でコーチングにNLPを取り入れたい方は書名をクリックしてください。

 

こちらの本は、本当はコーチングに役立つNLP入門書として書いたのです。

しかし、出版社からコーチングやNLPというタイトルでは出せない経緯もありました。タイトルは、出版社が決めるんですよね。

著書では9つのキューブの解説のみでしたが、このワークショップではNLPや9キューブを使ってどのようにコーチングに応用できるのかにチャレンジしてもらいます。

 

そのなかでも大きな特徴は、NLPでもコーチングに役立つメジャーなスキルを一つのパッケージにして10日間のプラクティショナーコースに出なくても習得できるところです。

そして、コーチングのすべての観点を網羅し、それに役立つNLPの実践的な手法が支えることです。

 

1)その人の長期的な未来やビジョンとその大まかな設計プラン、リソースの発掘

2)それを着実に行動化していくための時間軸での支援

3)実践のなかで訪れる人間関係への対処~協力者や支援者との良好なコミュニケーション形成

4)先に進めなくなったときの対処法

 

などこの4項目を押さえておくだけでも、コーチングは可能となります。

さらに、実行に向けて重要な感情や思考の活用の仕方もNLPならでは方法でお伝えします。

 

今回参加してくださった福岡の方々のなかには、コーチングが初めての人もいました。その方もワークショップのなかで鮮やかにプロのコーチが唸るほどのコーチングを見せていました。

NLPを学んだ人は、コーチングの手法と自分の学んだことが別々のように感じていたようですが、この2日間で統合されました。

チームフローなどのコーチングの教育機関で学んでいた方は、自分のやっていることを論理的にも理解できてワークショップなどので人に伝えやすくなったり、実践力がたかまると話してくれました。

また、別のコーチングの教育機関の方は感情をあまり扱うことを教えられていなかったので、コーチングの幅が広がっていったという話もしてくれました。

 

さらには次の日から日常のセルフコーチングで活用していたり、このテーマから自分独自の9キューブメソッドを作る方もいます。また、今回参加したメンバーたちは勉強会を開いて、どんどん研鑽していこうという意欲も高まっています。

 

いつか、私もこの講座をトレーニングできる人を育てたいのでトレーナーコースなども検討しています。

そのためにもまずは実践して結果を出せる人たちを増やしたいので、福岡の受講生たちが日々自分や大事な人に使って、使いこなせるようになってくれたら嬉しいですね!

 

今のところ、こちらの講座については2016年1月30日(土)、31日(日)の2日間で神戸で開催を検討しています。

もし集客力の高いパートナーの方が現れたら、かなり加速するかもしれません。関西地区の方で一緒に活動したい方がいたらお声をかけてくれたら嬉しいでし、神戸に「学び旅」の一環で遊びに来てくれる方もいてくれたら嬉しいです!

また、今回参加したメンバーからも熊本で、という声もあるので実現したらまたご連絡します。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top