Toggle
企業研修

※日経BP課長塾はこちら⇒

リーダーシップを発揮するためには、次の二つの力が重要と言われています。

1) 業務を遂行する力
2) チームや人間関係を構築する力

組織は成果を出すことを求められるため、業務を遂行する力を強める研修が多く、緊急性は低いが重要性の高いチームや人間関係を構築する力に上げる研修に費用をかけることが少ないのが現状のようです。 これは、短期的に結果を出しますが、持続力が弱いと指摘されています。 弊社では、組織が持続的に成果を出し続けるために見落としがちな「チームや人間関係を構築する力」にフォーカスした研修を提供しています。

■研修の特長
(1)講義と実習のバランスの取れた参加型研修
講義の参加型エクササイズをバランスよく取り入れており、頭だけではなく実際に行動に起こすためのリハーサルも兼ねています。 ペアワークやグループ・ディスカッションをとり入れることで、個人の中にある固定概念を打ち破り、協力や共創する文化に貢献します。

(2) 社風やニーズに柔軟にカスタマイズされた内容
同じ研修テーマでも、それぞれの会社の雰囲気、参加者の方のニーズにきめ細かく対応し、事前にヒアリングした経営上の課題を自然な流れの中で取り上げるなど、プログラムを柔軟にカスタマイズします。

(3) 心理的にも脳科学的にも理解しやすい工夫
NLPの理論に裏付けられながら、とにかく楽しくて元気の出る研修とご好評をいただいています。特に脳の構造を理解し、感情や感覚が強く印象に残るしかけや、自らの意見を発することで主体性を自然につくってもらうなど間接的な影響も考慮に入れたプログラム設計をしています。

■研修内容
私たちはNLP(神経言語プログラミング)の専門性をベースに、若手から中堅社員を中心に企業研修を実施してきました。ここでは近年、その中でも特に人気・満足度が高い4つのプログラムをご紹介いたします。
(1)メンバーと信頼関係を構築する研修
(2)NLPコーチング研修
(3)NLPプレゼンテーション研修
(4)NLPメンタルマネジメント研修
■企業・団体研修事例 事例1)メンバーと信頼関係を構築する研修
事例1)メンバーと信頼関係を構築する研修
〈目的〉チームリーダー・チームメンバー間の信頼関係構築、ストレスケア、コミュニケーション力の改善・向上を目指します。

ここをタップして表示Close
時間 内容
9:00 〈コミュニケーションの基本〉
 ・メンタルモデル(認知形成)の仕組み
 ・ポジティブな意味づけ、ネガティブな意味づけ
 ・リーダーの感情とチームへの影響力
 ・チームメンバーの価値の理解
10:45 〈人とのコミュニケーション1〉
 ・コミュニケーションは力関係を生み出す原理
 ・反発する原理、協力する原理とは?
 ・協力を阻む心理的阻害要因〜防衛機能
13:00 〈自分とのコミュニケーション〉
 ・感情の要因を理解する方法
 ・自分の心の状態を高める方法
15:00 〈人とのコミュニケーション2〉
 ・なぜ信頼が必要か?
 ・承認する技術
 ・コンフリクトでの言葉遣い
■企業・団体研修事例 事例2)地方公共団体や病院での研修
事例2)地方公共団体や病院での研修
〈目的〉地方公共団体での組織間のコミュニケーション向上や病院の看護師さん向けにチーム医療や患者さまへのコミュニケーション力の改善向上を目指します

ここをタップして表示Close
時間 内容
9:00 〈組織コミュニケーションの基本〉
 ・メンタルモデル(認知形成)の仕組み
 ・ポジティブな意味づけ、ネガティブな意味づけ
 ・問題や欠点ではなく、
  できるところ、信頼できること、目指すこと
  に焦点をあてる。
10:00 〈話すと聴くの場面を定める〉
 ・今、話すときか聴くときか?
 ・聴くトレーニング
 ・話すトレーニング
13:00 〈個人の強みと未来設計〉
 ・私の強みは何か?
 ・自分の望む未来をつくる
 ・お互いを承認する
15:00 〈組織のミッション・バリューとつなげる〉
 ・組織のミッション、バリューの理解
 ・自分の強みや未来設計との共有点
 ・行動計画
■料金体系
1開催25人までの場合:
 半日(2時間〜4時間)  20万円〜30万円(税別)
 1日 (6時間〜8時間)   30万円〜50万円(税別)
 2日 (12時間〜16時間) 50万円〜80万円(税別)

 ※対象者・研修内容・担当講師、またカスタマイズの有無等によって費用が異なります。
 ※全国に出張研修が可能です(交通費・宿泊費・会場費等は別途)
  詳しくは担当者まで気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら⇒

■ご相談から開催までの流れ
 お問い合わせフォームにアクセスし、お問い合わせ内容に、研修の目的・日程・人数などの必要事項をご記入ください。後日、担当者より開催条件などのご相談メールを差し上げます。

 日程・開催場所が確定しましたら、御社の社風・ニーズを勘案して内容を詰めさせていただきます。あわせて必要備品・席の配置・食事・移動手段・宿泊の手配など、メールにて調整させていただきます。配布資料(レジュメ)は通常、word ファイルをこちらからメールでお送りし、御社にて人数分コピーしていただいております。

お見積り・お問い合わせはこちら⇒

■講師実績
〈企業〉
住友化学株式会社、いすゞ自動車株式会社、日産自動車株式会社、 三井住友信託銀行株式会社、アステラス製薬株式会社、富士通株式会社、伊藤忠商事株式会社、株式会社アサツーディ・ケイ、日本電気株式会社、 日本ユニシス株式会社、アイシン精機株式会社 他

〈団体・病院〉
山本記念病院 北海道遠軽町役場 北海道中央労災病院 日本テニス事業協会 他

<その他〉
日経課長塾エンジニア版 講師

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top