Toggle

お知らせ

NLP共感リスニング・ワークショップのお知らせ

NLP共感リスニング・ワークショップのお知らせ

あけましておめでとうございます。 2022年の幕が上がりました。私たちは、意識を切り替えるのに様々なものを日常的に活用していますが、年が変わるというのは、日常の流れを一旦休止させ、そこから離れて、これからの1年を俯瞰するには最適のタイミングと言えます。 もし昨年から背負ったものは、一旦下ろしてフレッシュな気持ちになれた...

【オンライン講座】11月13−14日リフレーミング講座(ビリーフ・チェンジ)

【オンライン講座】11月13−14日リフレーミング講座(ビリーフ・チェンジ)

  たくさんの雨から、わたしを守ってくれる。 必要なときに、そばにいてくれる。 かさを開くとき、わたしのスペースも広がる。 こころの、にじを見つけに行こう! ことばがわたしのこころを、自由にする!   2021年11月13日(土)、14日(日) 高知にて2日間の「リフレーミング」講座を開催します。 ...

新春お慶び申し上げます。

新春お慶び申し上げます。

本年もよろしくお願いします。   新年があけて、今日で10日目。 昨年から始めた神戸八社巡りを 3日間かけて終えてきました。 途中、雪などにも恵まれ とても良い運動にもなりました。 神戸八社巡りとは? https://www.shoko-dw.com/shrine8/ これとは別に、もう一つ 昨年の気づきから...

2020年、ありがとうございました。

2020年、ありがとうございました。

今年最後の日を迎え、今年を振り返り、 来年の心の準備を始めている頃かもしれませんね。 私も先ほど、手帳をみてこの一年を振り返りました。 1)3月に、偶然見つかった腫瘍を除去する手術 が無事に終わった後、コロナ禍が発生しました。 その頃に「創造的休暇」という言葉が流行ったそうです。 (私は最近知りました。) ご存知の方も...

【高知にて】意味を発見し、その意味を語る先に…

【高知にて】意味を発見し、その意味を語る先に…

昨年の入院前に高知を訪れて以来、 特急南風に乗って、瀬戸大橋を渡りました。 夕暮れの瀬戸内海の島々には いつも心が癒されます。   四国でNLPの資格コースを開催し 高知中心にコーチや講師を育成している Office Is.の泉野さんがいます。 彼女のサポートによって 多くの受講者さんが 人生の逆境から立ち直...

信頼と共感をベースにしたコミュニティ形成の実践

信頼と共感をベースにしたコミュニティ形成の実践

本日もNLPフィールドのブログにお越しくださり、 ありがとうございます。 コロナ禍において グローバルで同じ問題に取り組んでいる現在、 今、最も必要とされる 「NLP✖️レジリエンス」 をテーマとして、 私の所属するi愛NLP協会にて オンライン講座を開催しました。 講座に参加してくださった皆さまに 改めて感謝すると共...

NLPが社会貢献としてできる一つの形。

NLPが社会貢献としてできる一つの形。

今日もNLPフィールドのブログを ご覧頂きありがとうございます。 私の活動の目的の一つに 一人一人が自立・自律しながら、 新しい価値を創造するコミュニティをつくる というものがあります。 私が各地域に呼ばれてNLPのコースを開催していたのは、 この目的がありましたし、 また、NLPの有志の仲間と共同で価値創造している ...

人生が美しいと感じられる時間やつながりへ

人生が美しいと感じられる時間やつながりへ

コスモスが咲き乱れる季節になりました。 金木犀も香りだして、歩くたびに秋の豊かさが体験でき 楽しみになっています。 さて、話は突然変わりますが、 Netflixに加入の方は 「センス8」というドラマをご覧になったことはありますか? 映画「マトリックス」の監督・脚本で有名な ウォシャウスキー姉妹の作品です。 マトリックス...

優雅に変容していくステップ

優雅に変容していくステップ

いよいよ日曜日から名古屋、というよりは 三河でのNLPAプロジェクトが始まりました。 三河って、どこにあるかご存知ですか? 愛知県になります。地図を示すとこの辺りになります。 地方への移住に興味のある方は、 程よく都会的な面と田舎的な面が混じり合うお勧めの場所です。   さて、このプロジェクトの立ち上げのきっ...

深く気づいた人の世界は違う。

深く気づいた人の世界は違う。

(神戸摩耶山の掬星台(きくせいだい))   私たち、NLPフィールドでここ最近、重要視しているのが 「自己認識」を深めることです。   理由の1つが、 私は長年、コーチングを生業にしていますが、 変容が続く人と続かない人の圧倒的な「差」が まさにこの「自己認識」の深さの違いにあることを常々感じていた...

Return Top