Toggle

hiroのブログ

NLP共感リスニング・ワークショップのお知らせ

NLP共感リスニング・ワークショップのお知らせ

あけましておめでとうございます。 2022年の幕が上がりました。私たちは、意識を切り替えるのに様々なものを日常的に活用していますが、年が変わるというのは、日常の流れを一旦休止させ、そこから離れて、これからの1年を俯瞰するには最適のタイミングと言えます。 もし昨年から背負ったものは、一旦下ろしてフレッシュな気持ちになれた...

ステレオタイプが才能に影響を与えるんですか?

ステレオタイプが才能に影響を与えるんですか?

前回のフランツ・ファノンの 「黒い皮膚 白い仮面」から (参考:https://amzn.to/3r1RIJ9) ステレオタイプが、 個人の才能、選択、モチベーション などに多大な影響があることを知り こちらの本を読んでみました。 「ステレオタイプの科学」 ~社会的刷り込みは成果にどう影響し、 私たちはなにができるのか...

どうすれば僕たちは〈人間〉の名に値する存在となれるのか?

どうすれば僕たちは〈人間〉の名に値する存在となれるのか?

先日、NHKの100分で名著で フランツ・ファノンの「黒い皮膚 白い仮面」が 放映されていましたが、 ご覧になった方もいるかもしれませんね。 こちらの内容は、私にとっては 「アイデンティティというパート」をとらえる上で 非常に考えさせられる内容でした。 内容をざっくりと抜粋すると 1)ファノンは黒人として生まれ、 様々...

それぞれの未来へ向かう

それぞれの未来へ向かう

先週の土日、愛知県の三河で開催してきた NLPAのコースが終了しました。 参加してくださった方の最後の感想には 初めてお会いした時から大きく変化した姿が感じられて、 私もこの時間を共に過ごせたことに感謝しました。 何人かの方は、 これまでの延長線上ではない未来を築くために、 起業の準備が明らかに加速したり パートナーと...

SCOREモデルの統合から「お前は誰だ?」へ

SCOREモデルの統合から「お前は誰だ?」へ

(前回の続きから) 「空間における差異」について前回お話ししました。 このそれぞれのスペースを体験している「私」がいます。 つまり、 ・「問題空間」にいる「私」 ・「望ましい状態の空間」にいる「私」 がいて、 自己認識をする際に、 この2つの「私」が分離しています。 (Gerd AltmannによるPixabayからの...

「どこへ向かう?」、その「お前は誰だ?」

「どこへ向かう?」、その「お前は誰だ?」

あなたは誰ですか? この問いに答えると「自己認識」が生まれます。 「自己認識」という表現はとても面白いですね。 自己を認識する、ということは 「自己」を認識する主体がいて、 認識される対象としての「自己」がある前提です。 つまり、主体と対象という関係性があります。 しかし、「あなたは誰ですか?」という問いに 主体か対象...

新春お慶び申し上げます。

新春お慶び申し上げます。

本年もよろしくお願いします。   新年があけて、今日で10日目。 昨年から始めた神戸八社巡りを 3日間かけて終えてきました。 途中、雪などにも恵まれ とても良い運動にもなりました。 神戸八社巡りとは? https://www.shoko-dw.com/shrine8/ これとは別に、もう一つ 昨年の気づきから...

2020年、ありがとうございました。

2020年、ありがとうございました。

今年最後の日を迎え、今年を振り返り、 来年の心の準備を始めている頃かもしれませんね。 私も先ほど、手帳をみてこの一年を振り返りました。 1)3月に、偶然見つかった腫瘍を除去する手術 が無事に終わった後、コロナ禍が発生しました。 その頃に「創造的休暇」という言葉が流行ったそうです。 (私は最近知りました。) ご存知の方も...

想いの結び目

想いの結び目

いつもNLPフィールドのブログをご覧いただき ありがとうございます。 11月の初旬、友人と秋の京都を訪れました。 CMに出ていた瑠璃光院を訪れ その紅葉に魅せられました。 そして、神戸にいる母にも、 こちらを見せたいという気持ちが生まれました。 (11月初旬の瑠璃光院) 私も仕事があったので 今月下旬の母の誕生日に合わ...

【高知にて】意味を発見し、その意味を語る先に…

【高知にて】意味を発見し、その意味を語る先に…

昨年の入院前に高知を訪れて以来、 特急南風に乗って、瀬戸大橋を渡りました。 夕暮れの瀬戸内海の島々には いつも心が癒されます。   四国でNLPの資格コースを開催し 高知中心にコーチや講師を育成している Office Is.の泉野さんがいます。 彼女のサポートによって 多くの受講者さんが 人生の逆境から立ち直...

Return Top